バルタリ冒険日誌14章プトルム知識とライテンにリベンジ

2019/10/04

バルタリ冒険日誌15章(最終章)

バルタリ冒険日誌15章(最終章)

前回「バルタリ冒険日誌14章」で14章をクリアできましたので、15章を進めようと思います。
この章がバルタリ冒険日誌の最終章になります。

20191001-01

バルタリ冒険日誌15章は、イゴール・バルタリがいよいよ闇の精霊の力と向き合うストーリー。

懐かしいあの場所に帰ってきました。

20191001-02

バレンシアのメインクエストIで訪れる場所ですね。
バレンシア城の地下空間」の記事のとき以来かもしれないです。

さらに、ここも懐かしい場所。

20191001-03

こちらも、「冒険はどこまで」の記事のとき以来ですね。

あのときは「イゴール・バタルリ」と書いてあったテキストですが、
「イゴール・バルタリ」に修正されていました。よかよか。

20191001-04

こういうテキスト誤りが残っていると、「えっ?」と素に戻ってしまうので、
せっかくのストーリーに没入できなくなってしまいますもんね。


バルタリ冒険日誌15章の結果

バルタリ冒険日誌15章をすべて完了すると、以下のボーナスが貰えます。

20191001-05

重量+2LT
最大HP+7
回避力+1

最終章まで終わりましたので、今の段階で取れる全てのステータスアップは取り切れました。
ひとつひとつは小幅なステータスアップですが、全体通すとなかなかのものになっていると思います。

そもそも、家名適用っていうのが大きいですよね!


ペンダント飾りから解放された力

バルタリ冒険日誌15章が終わったところで闇の精霊が何かを見つけてきました。

20191001-06

イゴール・バルタリのペンダント飾りです。

20191001-07

どうやら、これをイゴール・バルタリ村長に持っていくとクエストが進行する様子。
遠いけどバレンシア城からベリアまで戻りましょう。

このペンダント飾りをイゴール・バルタリ村長に見せたところ、
ペンダント飾りに宿った力をウチの闇の精霊に転移させることができると言います。

20191001-08

なんかそれ、禍々しい力だったりしないですかね?

・・・と一瞬思いましたが、なんか面白そうなので力を解放して闇の精霊に転移してもらうことに。

その結果、

20191001-09

闇の精霊めちゃくそデカくなりましたw

何と言いますか、もはや「精霊」って感じの大きさじゃないですね。
「闇の精霊」って名前やめて「闇のあの野郎」とかに改名した方がいいんじゃないですかね。

ではでは。=w=ノシ




blackdesert_grandcru at 21:38│Comments(0)Chambertin 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
バルタリ冒険日誌14章プトルム知識とライテンにリベンジ