カーマスリビアメインクエスト改編やべぇよ、アメリア・オーネット

2020/03/15

壮絶な歴史と最初のルトラゴン

カーマスリビアを視察開始

前回「カーマスリビアメインクエスト改編」でカルフェオンの使節団としてカーマスリビアにやってきました。

カーマスリビアの女王ブロリナ・オーネットからは、
カーマスリビアの現状を知るため各地を見回ってみて欲しいと言われます。

20200315-01

カルフェオンに軍事支援を要請するくらいですからね。
カーマスリビアはかなり追い詰められている、ということなのでしょう。

まずはグラナの中でいろいろな人に話を聞くことにします。


精霊ポリーの追悼曲

グラナの街の中心で歌っているのは、森と都市のミュージシャンのブルー・アナト。
彼女はポリの森の精霊ポリーの追悼曲を歌ってくれました。

20200315-02

「これからポリーは、母の指で歌い踊るのね。」とは、すでにポリーがこの世にいないことを指しています。
天にいる女神シルビアの元に召されてしまった、ということですね。

しかしなんと、精霊ポリーは先代女王アメリア・オーネットによって消滅させられた!?

いったいどういうことでしょう・・・?

カーマスリビアの住人はみな精霊との繋がりを大切にしているように思えるのに、その精霊を殺すとは・・・


黒い花、ブロリナの友人、幼い姫君

グラナ大図書館の司書モメーリエスからはカーマスリビアの歴史を聞くことができました。

まずは先代女王のアメリア・オーネットについて。
アメリアはベディルとの闘争に明け暮れた結果、精霊たちに愛想をつかされてしまったのだとか。

20200315-03

「黒い花」とは先代女王のアメリア・オーネットのことなのですね。
てっきりアヒブのことかと思っていました。

カーマスリビアメインクエスト改編」でオフィリア・アイネルは
ブロリナ・オーネット女王のことを、「黒い花を折った黎明」と言っていました。

「黒い花を折った黎明」とは、先代女王アメリアを何らかの形で挫いたということなのでしょう。

さらにモメーリエスは、カーマスリブの光を取り戻そうとした幼い姫君がいたといいます。

この幼い姫君が現女王のブロリナ・オーネットかと思いきや・・・違うようです。

幼い姫君の名はキャサリン・オーネット。ですが・・・

20200315-04

幼いキャサリン・オーネット姫は、ブロリナ・オーネットの友人の手によって、
これまた天の女神シルビアの元に召されてしまったとのこと・・・。

ブロリナ・オーネットの友人ということは、ブロリナとの双子でありベディルのウィオレンティア・オウダーですね。

ブルー・アナトとモメーリエスからの話を図示するとこうなります。

20200315-05

オリアナ・オネットとジョシュア・オドアには4人の姫君がおり、
そのうち長女のアメリア・オーネットが全権を握った後にベディルを徹底して弾圧。

「絶対女王」とも言われていることから、この時のアメリアの権力は凄まじいものだったと思われます。

この時にアメリアは精霊ポリーを消滅させ、精霊たちからは愛想をつかされてしまいます。

さらに、ベディルの過激派アヒブとの戦闘で疲弊したカーマスリブの光を取り戻そうとした幼き姫
キャサリン・オーネットはウィオレンティア・オウダーに殺害されてしまう・・・。

この事件以来、ブロリナ・オーネットとウィオレンティア・オウダーの友人関係は決裂
泥沼のガネルvsアヒブの時代に突入していくことになります。

なんという壮絶なカーマスリビアの歴史でしょうか・・・。

ちょっとあんたたち、カルフェオンのことを笑ってられないですよ!?


その者の名前はカプラス

グラナの塔の上でオフィリア・アイネルから読むように言われたのは、封印された記憶
初代女王オリアナ・オネットの記録だそうです。

20200315-06

オリアナ・オネットの記録の封印は解かれており、読むことができました。

そこに書かれていたのは、この世界に初めて姿を現したルトラゴンの記録。

20200315-07

オリアナ・オネットとジョシュア・オドアは、この不吉な雰囲気の男を殺さずに逃がしてしまったそうです。

そして、その後に訪れたのが暗黒の精霊の襲撃

暗黒の精霊闇の精霊っていう解釈でいいのかな?たぶんいいのでしょう。

20200315-08

ジョシュア・オドアは、暗黒の精霊にあの不吉な雰囲気の男の血の匂いを感じたとのこと。

やっぱり、あの時に逃がしてしまった彼が暗黒の精霊を呼び寄せてきたのでしょうか。

この時、初めてガネルは根の世界アドウィルとそこに住むルトラゴンの存在を知ったそうです。

暗黒の精霊の襲撃を感知して救援のために出てきたルトラゴンは、
最初に出てきたあの不吉な雰囲気の男と似ているという理由で信用されずに追放されたとのこと・・・。

ルトラゴンへの仕打ちもなかなか酷い・・・。

20200315-09

最初に出てきたルトラゴン裏切り者だったそうです。

その者の名前は、

20200315-10

そう、カプラス

やはりカプラスルトラゴンでした。

血の祭壇の第1ラウンドを開始する時に言われるのですよね、「私の名前はカプラス。シルビアから離れた息子なり。」って。

だいぶ前に「錬金術師カプラスとは」なんていう記事を書きましたが、
カプラスは150年以上前のクロン城の爆発事件に関わっていたりするくせに、
最近も現れたりしている痕跡があるせいで『不死の錬金術師』なんていう二つ名があります。

しかしこれでカプラス『不死の錬金術師』である理由が明確になりましたね。

女神シルビアの祝福から生まれた、実質的に寿命が無いルトラゴンだからですよ。


だいたいカプラスのせい

ここでオリアナ・オネットの記録とオフィリア・アイネルの話をまとめてみます。

20200315-11

根の世界アドウィルから出てきたカプラス

そのカプラスが呼んだのが暗黒の精霊の襲撃、でほぼ確定ではないでしょうか。

それどころか、カルフェオン-バレンシア戦争の引き金になった黒い死すらカプラスのせいでは・・・?

世の中のアレやコレやは、だいたいカプラスのせいかな・・・?w

いろいろとえらいことが分かってきたカーマスリビアの歴史。
次回はグラナの外に出て視察を続けます。

ではでは。=w=ノシ


改編後のカーマスリビアメインクエスト



blackdesert_grandcru at 17:20│Comments(0)Chambertin 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
カーマスリビアメインクエスト改編やべぇよ、アメリア・オーネット