Sancerre

2019/09/19

シャイ才能開花とLv60達成

パデュス戦士長

パデュスデイリーを続けながらシャイのLvUPを目指していたところ、

20190919-01

パデュス戦士長の知識を獲得しました♪
知識が埋まって嬉しいですね。


シャイLv58達成

シャイのLv58達成報酬はきっちりと期限内に貰うことができました。

20190919-02

金塊1kG(100Mシルバー相当)x5です!

これはオイシイっ!


シャイ才能開花

シャイのLv56を達成すると覚醒・・・ではなく才能開花ができます。
さすらいの音楽家アルティニさんからの依頼をこなしたり、動物相手に楽器を弾いたりします。

20190919-03

才能開花により、楽器を奏でてバフやデバフ、場合によっては攻撃もできるようになりました。
役割的にはバッファーみたいな感じですね。

ソロで戦うときは、やっぱりフローランを投げつけるスタイルのままになりそうです。


シャイLv60達成

シャイのLv60達成報酬は期限が無かったのでのんびりとやっていました。
オオカミ肉を採集していたときにLv60達成

20190919-04

Lv60になりましたが、スキル数がそもそも少ないのでSP余りまくりですね。
他のキャラにSPを回したい気持ちでいっぱいです・・・。

シャイLv60達成報酬をいただきました。

20190919-05

なんと、ヴォルクスの助言(+60)です!

これはメチャクチャありがたい。

20190919-06

真IV武器防具の挑戦にちょうど良いくらいですね。
いいタイミングがあったら使っていこうと思います。

ではでは。=w=ノシ


blackdesert_grandcru at 21:59|PermalinkComments(0)

2019/08/24

シャイ作成とそれぞれの事情

シャイ作成

新クラスのシャイをやってみることにしました。
新クラスが実装されるときは連動してイベント開催されているので、それ狙いです。

20190825-01

キャラ作成ですが、なんとなくワンパンマンに出てくる戦慄のタツマキを目指そうと計画。
しかし、思ったよりも髪を跳ね上げられなくて断念した感じですw

名前はSancerre(サンセール)と名付けました。


それなりに武器を強化

シャイ育成イベントでLv60まで報酬が用意されていました。
Lv60まで育てるとなると、それなりの武器を持たせたいと思いまして。

メイン武器は真IIIリベルトフローランを、
補助武器は真IIIクツムビツアリを目指して強化しました。

スタック55で、

20190825-02

シュゴオオオ・・・

20190825-03

カァン!

スタック55 真IIIリベルトフローラン 強化成功

続いてスタック54で、

20190825-04

シュゴオオオ・・・

20190825-05

カァン!

スタック54 真IIIクツムビツアリ 強化成功


ロバで旅に出る

これで旅に出る準備は整いました。
リベルトフローランクツムビツアリの見た目はこんな感じです。

20190825-06

リベルトフローランはアイテム欄の見た目そのまんまですが、
クツムビツアリはアイテム欄の見た目とは印象がまるで違いますね。

シャイ実装前のイベントで貰ったロバに期間限定のアバターを着せて搭乗。
おぉ、ロバとは思えない速さ!

20190825-07

このロバは厩舎番で売っているロバとは異なり、いくつかスキルを覚えていくようです。
ただし、ロバスキルを操れるのはシャイのみだとのこと。

Lv15が上限でしたが、運良くすべてのロバスキルを覚えてくれました。
ビュンビュンを覚えると馬のオートランよりも速くなりますね、これは凄い♪


それぞれの事情

せっかくなので、シャイでもメインストーリーを進めます。
依頼分岐選択は「それぞれの事情」で進めることにしました。

20190825-08

「それぞれの事情」を選択すると、
カルフェオンからハイデルに来たイソベル・エンカロシャーと共に、
シアン商団の一員となって様々な動きをしていく展開になります。

20190825-09

シアン商団はカルフェオンでは随一の経済力を持っている商団です。

しかし、その地位に上り詰めるまでは周囲と競り合いながら若干強引にのし上がってきたこともあって、
自然と敵も多くなるという危うい事情を抱えていました。

シアン商団とエンカロシャー家がこれ以上の力を持つことを歓迎しない勢力もあります。
カルフェオンでは、貴族たちの戦いが繰り広げられていました。

20190825-10

いやー、このストーリーは見ごたえがありました。
貴族達には貴族たちの戦いがあるんですね・・・。

ハイデルにいるイソベル・エンカロシャーは高慢チキで鼻持ちならない女かと思っていました。
しかし、一概にそうとも言えない、かなり見方が変わりました。

まだこの分岐「それぞれの事情」をやっていない方がいましたら、
是非とも選択してストーリーを体験していただくと良いかと思います。

ではでは。=w=ノシ


blackdesert_grandcru at 02:21|PermalinkComments(0)