2018/10

2018/10/26

黒幕は大祭司長ダフマン

黒幕は大祭司長ダフマン

ムラブさんにビールを与えて手に入れた、ダフマンの手紙
そこにはガーモスの巣で待つ、というダフマンの言葉がありました。

これはもうダフマンガーモス側に立っていると考えて間違いありません。
さっそくガーモス祭壇に行ってみると、

20181022-01

つ・・・遂にやりやがったか!?

ガーモス祭壇に立つダフマン、周囲には倒れ込んでいる兵士。
ドラゴン達を「様」付きで呼びながら、ドベンクルンをやしてしまうだろうと言います。

もはや、なりふり構わずですね。
体裁を考えなくても良いくらい計画が進んでいるってことなのでしょうか。

これはマジでヤバい、ってことでドルゲフ村長に報告です。

20181022-02

ドルゲフ村長は、どうやらダフマンの家宅捜索まで実行していた様子。
次々とダフマンの罪状が明らかに。

その1. 住民たちを扇動してガーモスに犠牲と黒い石を提供。
その2. ガーモスを強力にするため呪術の祭壇を構築
その3. ドリガンの男性NPCの顔パターンが少なくてダフマン顔が多すぎる。(ぉぃw

ドルゲフ村長の読みは悪い方向に当たっていました。


聖なる泉の水

しかし、ドルゲフ村長ダフマンの呪術に対抗する手段を知っている様子。

20181022-03

カルナク滝の泉の水はダフマンの呪術を抑制できるといいます。
カルナク滝はドベンクルンの北側にあるあの滝ですね。

さらに、ドリガンの警備隊との共同作戦が決まっていきます。

20181022-04

カルナク滝の泉の水は、試練を乗り越えた者にしか扱えないそうです。
ここでいう「試練」とは、きっとシェレカンの試練ですね。

そんなわけで、俺自身が祭壇を浄化しなければいけないようです。
しかし「浄化の儀式」とか、そんな儀式のやり方は知らないのですが、大丈夫なのでしょうか。

さらに、ドルゲフ村長から祭壇の浄化が終わったら信号弾を撃ってくれと言われました。
そこで渡されたのがコレです。

20181022-05

※アイテムを使用するとリーダーを召喚します。

あっ・・・これ確実にガーモス出ますよね・・・w

ポーションとかクジラ筋回復剤とか、念入りに持っていくことにしました。

まずはカルナク滝の泉の水を汲みに行きます。
その泉は確かにカルナク滝の下にありました。

20181022-06

カルナク滝の泉の水を汲むことができました。
ドルゲフ村長「この瓶を持って」と言っていましたが、

20181022-07

どう見ても単なる器です・・・。

コレをこぼれないように5個も持ち歩くのは、
もはや修行以外の何物でもないですがどういうことですかこれw

いくらシェレカンの試練を乗り越えてきた猛者だからって、
「これくらい普通にやれるよね。」と言わんばかりのこの扱いは酷い!

ドルゲフ村長、あんな顔しといて実はドSなんじゃないですかね・・・。

そもそも、なんで5個もあるんですかね。
と思っていたら、

20181022-08

5箇所も祭壇を作られていたとは・・・。
1箇所めで気づいてくれたら、5個も水を運ぶ苦行をしなくてすんだのにw


ガーモスの巣

ダフマンの祭壇を浄化するため、ガーモスの巣に潜入しました。
トゲトゲした岩がいっぱいで、いかにも最終決戦場の雰囲気です。

20181022-09

いよいよここまできてしまったか・・・。
感慨に浸りながらも、ダフマンが設置した祭壇を探します。

ガーモスの巣の周囲にある5つの怪しい祭壇
・・・なのですが、

20181022-10

ぱっと見、ドリガン各地にある祭壇と何が違うのか分からない・・・。
「不吉な祭壇」って書いてなかったら分からないレベルです。

ここで「浄化の儀式」ってやつをやらなければならないのですが、

20181022-11

あっ、単に水を撒けば良かったんですねw
それなら俺にもできそうです。


いよいよ最終決戦?

5つの祭壇の浄化が終わりましたので、約束通り野戦信号弾を撃とうと思います。
しかし、なんと撃つ場所はガーモスの巣のど真ん中・・・!

なんでわざわざ、いかにもガーモスに気づかれやすい場所で撃たせるのかw

仕方なく野戦信号弾を撃ったところ、

20181022-12

え、そんなところにダフマン出てくるの!?
ちょっと演出にびびりました・・・。

ダフマン「もう遅い。お前もガーモス様の生贄になれ!」と言われてしまいました。
ってことは、いよいよガーモスと決戦ですかね!?

次回に続きます。=w=ノシ


次回はこちら。

前回はこちら。



blackdesert_grandcru at 22:07|PermalinkComments(0)[BD]Chambertin | メインクエスト

2018/10/23

ビールの力

トシュラ廃墟

ガーモス祭壇でガーモス崇拝者達を非難していたヒバンから、
ドラゴン研究者レオンに会いに行けと言われ、やってきたのはトシュラ廃墟

20181021-01

BGMの効果もあって、なんとも陰鬱な雰囲気の場所ですね・・・。

トシュラ廃墟の知識を見てみると、
ここがブラックドラゴン・マクタナンによって呪われた土地であることが分かります。

20181021-02

伝承によると、シェレカンドラゴンの血を浴びて強靭な力を手にした代わりに、
強力な呪いにかかって滅亡したと言われています。

そしてここ、トシュラ廃墟ドラゴンの血によって呪われた廃墟になってしまいました。

アヒブ紛争地域のカルク」でベディル族のアヒブ達が求めていたのはドラゴンの血でしたが、
これ・・・アヒブ滅亡する未来しかないですよね。


ドラゴン研究者レオン

ドラゴン研究者レオントシュラ廃墟の拠点管理人でした。

20181021-03

やはり、元ドラゴン研究者大祭司長ダフマンと一緒に研究していたこともあったようです。

20181021-04

レオンに会いに来たのはガーモスへの対抗策を考えるためです。
それを知ってか知らずか、すでにレッドドラゴンに関する資料はあると言う。
さすがドラゴン研究者レオン

20181021-05

しかし、様子が変です。
レッドドラゴンに関する資料が見当たらない?

20181021-06

おい、ドラゴン研究者レオン・・・。
すでに文書があるから流石だと言おうと思いましたが、防犯意識はまるでダメなようですw

「早く泥棒を追いかけてください!」って、追いかけるの俺かよ。


ビールの力

追いかけろと言われてクエストマーカーに従ってきてみたら、
辿り着いたのはトシュラ廃墟の入り口にいる兵士ムラブさんでした。

20181021-07

いや、怪しいだろ。
だってクエストマーカーがお前のとこに向いてるんだよw

あくまでもシラを切るつもりか、ならばこちらにも考えがある。

20181021-08

ほら、うまそーなビールだぞ。
二条大麦100%、熱処理無しのできたて生ビールだ、たぶん。

20181021-09

ムラブよ・・・ビール1杯でできあがるのは早すぎるぞw

そしてあっという間に口を滑らせてますね、「ダフマン様が私を待っているだろうに。」ですね。

酒の力は偉大である。

レオンの資料と一緒に手に入れたのは、ダフマンの手紙でした。

20181021-10

あー、これもうダフマン完璧に黒っすわー・・・。

それにしても(中略)するくらいなら、「手に入れたら」をちゃんと1回で済ませて欲しいものです。

次回に続きます。=w=ノシ


次回はこちら。


blackdesert_grandcru at 22:38|PermalinkComments(0)[BD]Chambertin | メインクエスト

2018/10/21

ガーモス崇拝者

他の悪、恐怖の種

ドルゲフ村長からの信頼が爆上がり中のChambertin。
さっそくドルゲフ村長から新たな依頼を受けることになりました。

20181020-01

ガーモスに対する恐怖の余り、村で禁止した祭祀を行うという情報が入ったようです。
狂気が拡がる前にこの動きを阻止したいとのこと。

また、大祭司長ダフマンが黒幕なのではないかという予想をしているようで、
ダフマンを調査して欲しい、とも依頼されます。

これがシェレカンが言っていた、「他の悪」「恐怖の種」なのでしょうか。

ガーモスへの祭祀が行われようとしているのは、ガーモスの巣にある祭壇。
まずはその現場を見に行こうと思います。

20181020-02

・・・ガーモスの巣って、ドベンクルンからすげー近いですね。
ガーモスがその気になったら、すぐにドベンクルンを襲えるんじゃないでしょうか?


ガーモス崇拝者

ガーモスの巣を見下ろせる場所にその祭壇はありました。
ガーモス祭壇と名付けられているようです。

20181020-03

家畜を捧げ、ガーモス祭壇に向かって必死に祈っている集団がいます。

ドリガンの民はガーモスの脅威を前にして混乱を極めていました。
そういった中では、こういう動きが出てくるのもある意味当然なのですが、
まさにドルゲフ村長こういう動きを食い止めたかったに違いありません。

ガーモス崇拝者たちの声を聞きます。

20181020-04

彼らは恐怖の余り、立ち向かうことができず、
逆に恐怖の対象に従属して庇護を乞うことになってしまっています。

ガーモス崇拝者らの状況を見て、同じドリガンの民が非難します。
ヒバンはその中の一人です。

20181020-05

ヒバンは冒険者たちがドリガンを救ってくれると信じているようです。

そんな彼から、ドラゴン研究者レオンに会いに行けと言われました。
きっとレオンなら役に立つ知恵があるだろうと。

確か、大司祭長ダフマン元ドラゴン研究者だったはずですが、
そのレオンの知恵がダフマンを超えることができるでしょうか?


トシュラ廃墟へ

どうなるかは分かりませんが、レオンに会いにいってみましょう。
彼はレイブン警戒所を抜けてさらに北東、トシュラ廃墟にいると言います。

20181020-06

良い知恵が授かるといいのですが・・・。

次回に続きます。=w=ノシ


次回はこちら。

前回はこちら。



blackdesert_grandcru at 16:34|PermalinkComments(0)[BD]Chambertin | メインクエスト

2018/10/20

シェレカンの試練

シェレカンの試練

ドリガンの聖地シェレカンの墓で徘徊する怪しい影はシェレカン達そのものでした。
彼らが何故姿を現したのか、問いただすため直接交感を試みます。

しかし、祭司長ジャロは「それは簡単ではない」と言います。

20181019-01

「まずは祖先に認められることが先です。」ということで、
シェレカン達に力と知恵を認められなければならないようです。

祭司長ジャロから金で装飾された香炉を渡されました。

20181019-02

これを指定された場所で使用することで、シェレカン達に会うことができるとのこと。

その場所は祈願の泉の穴ぐらの先のようです。

20181019-03


激闘、シェレカンズ!

穴ぐらの中に入ると、その先には確かに意味ありげな祭壇がありました。
そこで金で装飾された香炉を使用すると、

20181019-04

そこに現れたのは5人のシェレカンの影

20181019-05

どうやらこれがシェレカンの試練のようです。

5体相手か・・・と思いきや、シェレカン達は1人ずつかかってきました。
おぉ、さすがはドリガンの英雄シェレカン、1 vs 1 にこだわるとはなんと高潔な戦士達!

シェレカン達との激闘が始まりました。

20181019-06

シェレカンそれぞれに名前があるんですね。

しかも戦い方もそれぞれに個性があります。
ナイブリカなんかは武器を持たずに戦う格闘家タイプだったりします。

そして最後のシェレカン、大剣を持ったベルカダスと戦うのですがこれが手強い!

20181019-07

ポーション無しでは厳しいくらいでした。
相当に武器防具を強化していないと敵わないんじゃないでしょうか。

激闘の末にシェレカンの影5体に打ち勝ちました。

20181019-08

称号「伝説に勝った」をゲットしました。
これはかっこいいw


シェレカンが現れた理由と忠告

ふと目の前を見ると、先ほどまで激闘を繰り広げたシェレカン達の姿が。
戦っている間はよく見えなかったですけど、よく見るとそれぞれの個性がいいですね。

20181019-09

2本の斧にジャガーの被り物のガーウッド
2本のハンマーに2本の角のラテ
大剣を構えたベルカダス
武器を持たず格闘家タイプのナイブリカ
盾とハンマーで攻守兼ね備えたフレデリック

試練を通過しシェレカンに認められたことで、シェレカン達からいろいろなことを伝えられます。

20181019-10

「ウルブジツの音」というのが良く分かりませんが、恐らくガーモスが出す何らかの音のことかと思います。
つまりガーモスが目覚めたのでシェレカンも目覚めたということですね。


※「ウルブジツの音」について
知り合いの韓国人に意味を聞いたところ、「怨み・怨念のこもった叫び声・唸り声」という意味だそうで、正しくは「ウルブジタ」と言うそうです。
ガーウッドのセリフは、「私たちの宿敵、その貪欲で怨念に満ちた叫び声が私たちを眠りから目覚めさせるんだ。」などと翻訳すると良いのかもしれません。
どうしてココだけ未翻訳でそのままカタカナにされちゃったんでしょうか・・・。


それと気になるのは、「他の悪」「恐怖の種」というキーワード。
ガーモスが力を取り戻すのを助ける者、それに注意せよという忠告ですね。

シェレカンの墓の噂の真相は明らかになりました。
ドベンクルンへ帰還しましょう。

20181019-11

闇の精霊は「恨み」という感情に興味を示していました。

ドルゲフ村長に報告です。

20181019-12

シェレカンに直接会って、試練を通過してしまったということで驚かれます。
これはもう、ドルゲフ村長の信頼が爆上がりですね。

しかし、ドリガンにはシェレカンの言う「他の悪」「恐怖の種」が新たな問題として出始めていました・・・。

次回に続きます。=w=ノシ


次回はこちら。

前回はこちら。



blackdesert_grandcru at 11:31|PermalinkComments(0)[BD]Chambertin | メインクエスト

2018/10/19

ドリガンメインクエストII開始

ドリガンメインクエストII開始

ドリガンの新たな局面」でガーモスの脅威の前に意見が分かれたドベンクルン。
そんな情勢の中、ドルゲフ村長から依頼されたのはシェレカンの墓での調査でした。

20181018-01

シェレカンの墓で起きている噂、その真相を確認して欲しいとのこと。


シェレカンの墓

まずはシェレカンの墓へ向かい、司祭カミラに会いに行くことになりました。

20181018-02

ドベンクルンから北西の方角にシェレカンの墓があります。

近づくにつれて、異様に高く屹立した巨石が目に入ってきます。

20181018-03

あの巨石はいったいどうやって立っているのか・・・?

実はアレが変形して巨大ロボット・シェレカンロボになったりしないかな。
そんで、古代のクツム、古代のアトル、古代のプトルムの古代3体チームと決戦するんですよ。

ピンチになったシェレカンロボは、超時空要塞ばりに必殺ビームを撃つんです。
シェレカン・キャノン!!

・・・妄想はこのへんにしておきましょうか。

司祭カミラはシェレカンの墓の拠点管理人でした。

20181018-04

シェレカンの墓はドリガンの民にとって最も神聖な場所なのだそうです。

誰ですか、シェレカン・キャノンとか変なコト言ってる奴は。


聖地を徘徊する影

この聖地では最近、怪しい人影が目撃されているようです。
それは一体何者なのか。

20181018-05

盗掘者だったらいかんですね。
アプアールだったら俺が全力でぶっ飛ばしてあげましょう

まぁ、まずはその徘徊する人影が何者なのか突き止めることからです。

それには辺りを見下ろせる小高い場所があるといいのですが、
・・・おや、あの方は?

20181018-06

すでに小高い場所に陣取って、辺りを見回してる方がいますね。


影の正体はシェレカン

話しかけてみると、「アヒブ紛争地域のカルク」でお世話になった捜索者ティラさんでした。

20181018-07

聖地を徘徊していたのは、生きていた人間ではなくシェレカン本人でした。
・・・幽霊ですか!?

しかし幽霊と言うにはリアリティがありすぎるってことなのでしょう。
幽霊なのにほぼ実体、ってことですかね?

ティラさんシェレカンが姿を現したのには理由がある、と言います。

20181018-08

シェレカン達は近づくと姿を消してしまうので、直接話を聞くのは難しそう。
司祭カミラに相談してみました。

20181018-09

直接交感して確認した方がいいでしょう、と。
そんなことができるの!?

司祭カミラが言うには、起源の泉にいる祭司長ジャロ様なら可能にしてくれると。


祭司長ジャロ

起源の泉へ行くには、シェレカンの墓をぐるっと回って北側に行く必要があるようです。

20181018-10

あれ、司祭カミラからは起源の泉へ行けと言われましたが・・・マップを見ると祈願の泉ですね。
いったいどちらが正しいのでしょうか?

祭司長ジャロ祈願の泉の拠点管理人でした。

20181018-11

「あなたたちが私を訪ねた理由については大体理解しています。」と。
さすが祭司長ジャロ、すでに俺の目的まで把握されているとは。

・・・って、

20181018-12

祭司長じゃろw

起源の泉で祭司長じゃろに会う。

「やぁ、あなたが祭司長じゃろ?」

「いかにも、私が祭司長じゃろ。」

これズルいでしょwww
完全に不意打ちのシリアスブレイクですよw

次回に続きます。=w=ノシ


次回はこちら。




blackdesert_grandcru at 23:40|PermalinkComments(0)[BD]Chambertin | メインクエスト