オペンシラ堕落者から救出されたオーウェン

2020/12/16

ダークナイトのアタラクシア

逆追跡

前回「オペンシラ」では、カプラスの日誌を手に入れることができました。
カプラスの日誌をくれたオペンシラからは、他の闇の精霊が俺の後を付けているという。

誰だか知りませんが、コッソリと後を付けてくるのはいただけませんね。
こちらから探し出して逆追跡してやりましょう。

20201216-01

タリバルの糸の洞窟の先にいたのは、ダークナイトでした。

20201216-02

この方がコッソリと後を付けてきた、闇の精霊憑きの冒険者でしょうか。


ダークナイトのアタラクシア

追跡者はダークナイトのアタラクシアと名乗りました。

20201216-03

それよりも、後ろにいるディネと柴犬が気になります・・・。

なんと、アタラクシアもサイゴードを倒した影の試験を通過したという。
サイゴードって何体もいるのかな?

20201216-04

アタラクシアは、カプラスの日誌の内容を一緒に追って行こうと言います。

んー・・・なんで?

・・・と思いましたが、綺麗なおねーさんと一緒に旅できるならいいかw
「アタラクシアと一緒に冒険に出る」を選択。

20201216-05

知恵の古木のオビー・ベレンの前で待ち合わせね、OK、OK。


アタラクシアをすっぽかす

なーんてやりとりをしていたところ、闇の精霊が出現。

「おい、オレと相談もせずにいきなりアイツについて行くって言うのか?」
「落ち着け、俺たち二人だけでも十分じゃないか?」

20201216-06

なんだよ、闇の精霊。オマエ妬いてるのかよ?w
え、違う?w

「闇の精霊は渇望の化身であり、渇望は闇に捧げる最高の生贄である」

「もちろんオレは違う!オレたちは、本当に特別なんだ!だが、ヤツに宿る闇の精霊はオレと違うぞ。」

ふむ。どうやらアタラクシアに憑いている闇の精霊を警戒しているようですね。

「オレは違う!」なんて言っていますが、俺から見たら君はまさに力の渇望の権化ですがねw

闇の精霊は、アタラクシアは放っておいて、サルンの境界でオーウェンを訪ねようと言います。

20201216-07

コッソリ後を付けてきておいて、バレたら組もうなんて言う奴は信用ならんのは確かにその通り。

というわけで、アタラクシアはすっぽかしてサルンの境界へ行っちゃいましょうw

オーウェンに会ってカプラスの日誌を鑑定してもらう必要がありますし。

次回に続きます。=w=ノシ




blackdesert_grandcru at 18:21│Comments(0)Chambertin | メインクエスト

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
オペンシラ堕落者から救出されたオーウェン