グランディーハで吊し上げ会議深き夜の港

2020/12/26

カーマスリビアの翼の責任

地図を手に入れたアタラクシア

前回「グランディーハで吊し上げ会議」では、アタラクシアのおかげで吊し上げ会議から脱することができました。
シルビアの神託を待っている間、グランディーハを散策します。

アタラクシアはグランディーハの港にいました。
どうやら、オーディリタへ行くための船を探しているようです。

20201226-01

オーディリタの地図はシッカリと手に入れている様子。
なかなかやりますねぇ・・・。

それにしても、カプラスの日誌を敢えて秘密にしたように見えたのに、
「私はこの地図がもっと面白いと思うの!」と、良く分からない態度を取っています。

うーん、いったいどういうことなのか・・・。

オーディリタへ行く船の当てはすでにあるらしく、
アタラクシアは、船を持っているラミュート流浪団と交渉をしています。

20201226-02

報酬はいくらでも出すから、オーディリタの深き夜の港に行きたいと。
こいつ・・・金持ちなのか・・・!?

少し気になることも言っていますね。
ラミュート流浪団は、オーディリタの深き夜の港で子ども2人を脱出させたことがあるそうです。

いったいその2人とは、いったい誰のことなのでしょうか?
そして、どういった理由で脱出しなければいけなかったのでしょうか?

アタラクシアの態度を見ていた闇の精霊は、彼女を見失うなと言います。

20201226-03

こういうときの闇の精霊って、すごく勘が冴えていますからね。
言うとおりに、アタラクシアを追跡した方が良さそうです。

すると、ブロリナ・オーネット女王の使いのパプーがやってきました。
グランディーハの最も高い場所にいるというので、向かってみましょう。


カーマスリビアの翼の責任

ブロリナ・オーネット女王は、グランディーハの灯台の上にいました。

20201226-04

「おっとっと。」と言って、トンッと押したら落下死しそうな場所にいますね。
いや、まぁ・・・そんなことはやりませんけどねw

ブロリナ・オーネットは、カーマスリビアの翼という称号が俺の足枷になったようだと言います。
うーん、俺としては全く気にしてないんだけどなぁw

20201226-05

ブロリナは、ダークナイトのアタラクシアが何者なのか掴みかねている様子。

その割には、あまりにも簡単にオーディリタの地図を渡したじゃないですか?
どういう思惑があるのですかねぇ・・・。

そして、ここで選択肢が発生。

・オーディリタで人質になっていた時代について聞く
・影の騎士団との関係について聞く

どっちも気になるのですが、とりあえず上の人質生活について聞いてみました。

4年間の人質生活にしては、カルフェオンのトロルとサウニールを扇動できていたり、
オーディリタの地図を完成できていたり、不審な点が多すぎます。

20201226-06

しかし、ブロリナ・オーネットは時期尚早として何も答えてくれませんでした。

この質問のせいか気が変わったとのことで、ブロリナから伝えられたシルビアの神託とは。

20201226-07

アタラクシアを追い、サイゴードの角を持ってオーディリタに行けと。
アタラクシアに付ける監視役というところでしょうか?

それにしても、カーマスリビアの翼の称号が足枷になったようだと言いながら、
翼の責任を果たせと言ってくる、この図太さ・・・w

こういう図太さを持っていないと、カーマスリビア女王なんてやってられないということでしょうか。

ブロリナ・オーネットは、オーディリタでは誰も信用するなと言います。

20201226-08

オーディリタでの4年間の人質生活でいろいろ見てきた経験からの忠告のようです。
オーディリタ国内でもゴタゴタがあるというような口ぶりですね。

ウィオレンティア・オウダーも、簡単にオーディリタ国内を掌握できたわけではないということでしょうか。

でも、俺からするとアンタも信用できないんだけどな、ブロリナ・オーネット。

闇の精霊も「翼は自分たちがつけておいて、オレたちに全ての責任を取れと言ってるな。」と言っています。
分かる。ホントに自分勝手だよな、ブロリナ・オーネット・・・。

20201226-09

まぁ、カプラスの日誌を追うことでいろいろ分かってくるのでしょうし、
アタラクシアからも目を離せないような気もするし、やはりオーディリタへ行くしかなさそうですね。

「アタラクシアを見つけて、もらうものは全部もらって、カプラスの道に生贄として投げちまおう!」

闇の精霊のド畜生ぶりは、いつも通りw

次回に続きます。=w=ノシ

・・・と言おうかと思ったのですが、
ちょっとここで1件、グランディーハでのサブクエストを紹介したいと思います。


約束の壁

グランディーハの近衛隊長ヒルダから、クエスト「近衛隊長ヒルダの村」を受けます。

幼きブロリナ・オーネットとウィオレンティア・オウダーがグランディーハで教育を受けていた頃、
ヒルダもここグランディーハで軍事訓練を受けていたと言います。

20201226-10

今となっては、カーマスリビアの女王となったブロリナ・オーネットと、
オーディリタの女王となったウィオレンティア・オウダー。

お互いに敵国同士の女王となり、その関係は最悪になっていると思われます。

しかし、幼い頃の二人はとても仲が良かったということでした。
夜になると二人で行っていたと思われる、グランディーハの入り口の橋へ向かってみましょう。

そこには、約束の壁という場所がありました。

20201226-11

辺りを見回すと、花で結った見事なネックレスを発見。

花で作った割には何年間その状態を保ち続けていたのでしょうかね・・・。
何か特別な保存方法でもあるのでしょうか?

このネックレスをヒルダに見せてみたところ、
確かに、幼きブロリナ・オーネットとウィオレンティア・オウダーの友情の証だと言います。

20201226-12

厳しかった近衛隊長のアリエンも、二人の様子を見てホッコリしていたようです。
いい話ですねぇ。

花で作った首飾りを手に入れることができました。

20201226-13

幼きブロリナ・オーネットとウィオレンティア・オウダーが大切にしていたものだそうです。

約束の壁という知識も獲得しました。

20201226-14

先ほどのヒルダから聞いた心温まるエピソードがありますね。

しかし、幼少期は仲が良かったという二人も、
カーマスリビアの歴史を考えると・・・現在はどうなっていることやら。

約12年前にイアナロスの野で発生した、キャサリン・オーネットの殺害事件

キャサリンの命を奪ったのはウィオレンティア・オウダーだと言われており、
その瞬間からガネルとベディルの間に決定的な亀裂が入ったという背景があります。

今となっては、お互いに敵国同士の女王のブロリナ・オーネットとウィオレンティア・オウダー。

バチバチに憎しみ合い、攻撃し合う関係なのでしょうか。
それとも、心のどこかでは幼き頃のように仲良くありたいと願う者同士なのでしょうか。

あらためて、次回に続きます。=w=ノシ




blackdesert_grandcru at 22:34│Comments(0)[BD]Chambertin | メインクエスト

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
グランディーハで吊し上げ会議深き夜の港