カーマスリビアの翼の責任ナクシオンで知るオーディリタ

2020/12/28

深き夜の港

深き夜の港

前回「カーマスリビアの翼の責任」では、カーマスリビアのブロリナ・オーネット女王から、
オーディリタへ再び赴き、カーマスリビアの翼の責任を果たして来いと言われました。

まぁ、そんなことは知ったこっちゃないのですけれど・・・
アタラクシアは追跡した方がいいということで、深き夜の港へ向かいます。

20201228-01

アタラクシアは、グランディーハから海路で深き夜の港へ向かったようですが、
俺は後々のことも考えて、船ではなく馬で行くことにしました。

どうせ、この後もオーディリタをあっちこっち移動することになるでしょうからね。

クエストマーカーに従って陸路を行きまして、深き夜の港へ到着です。

20201228-02

ミニマップには?マークがたくさん見えるのですが・・・
話しかけられないNPCばかりで、なかなか知識を獲得できません。

拠点管理人のボラ・アルキンには話しかけることができましたが、
いきなりヤバめな雰囲気のある奴隷商人でした・・・。

20201228-03

そして、ここでも逃げた二人の子供について話がありました。
その二人は、名前が似ているといいますが・・・いったい誰なのでしょうか?


光明の黄金船

周辺にいるアヒブは、アタラクシアと顔なじみの様子。

20201228-04

アタラクシアについて聞くと、奥にある光明の黄金船に乗り込んだという。

「今ごろ影の騎士団の奴ら・・・。思いっきりやられているだろうね!」って、
オマエら、影の騎士団と長年同盟してたんじゃないのか・・・楽しそうに言ってるけどw

それにしても、「光明の黄金船」なんて言いますが黄金にはまるで見えませんよね。
「光明の」っていうことは、光明の兄弟会の関係でしょうか。

その光明の黄金船とやらに俺も乗り込んでみました。

20201228-05

船上で、アタラクシアが影の騎士団と戦闘状態になっているようです。

アタラクシアは、ドスリアという女性を探している様子。

20201228-06

そして、これはアレですね。
エリアン教徒を「光明の黄金船」だと言って騙して乗船させ、アヒブに奴隷として売っているようですね。

いやー・・・影の騎士団というか、光明の兄弟会もか?
詐欺&人身売買というかなり悪質なことをやっていますね、さすが悪の集団w

ボラ・アルキンにドスリアという名前の女性のことを聞くと、奴隷管理人のルシオに引き渡されたという。

20201228-07

ルシオにもドスリアについて聞いてみるが、口が堅く喋ってはくれません。
そりゃそうか、奴隷管理が仕事だもんね。

とはいえ、同じ人間を奴隷として扱い管理するコイツもクズですねw


藍色の審判

ルシオは、カルフェオンから来た奴隷たちに藍色の審判を受けさせているようです。
藍色の審判で奴隷を選別しているのは、オドラ派遣司祭のヌカミラ。

20201228-08

色々な美辞麗句を言っていますが、渡しているのは足枷で、
そしてその足枷は、アヒブたちの奴隷であることの証になります。

20201228-09

ヌカミラが藍色の審判で選別しているのは、奴隷の行き先のようです。
セペルのいばらの城へ行くか、ウィオレンティア・オウダーのオドラクシアへ行くか。

セペルの領地はいばらの城というのですね。

20201228-10

いばらの城の知識を確認してみると、セペルがウィオレンティア・オウダーを否定していることが分かります。

なるほど、アヒブの中でもウィオレンティア・オウダー派とセペル派で分裂しているのですね。
これはまた複雑になってきました・・・。


ギャンブラーのヘロン

アヒブの中の勢力図に少し詳しくなったところで、
クエストマーカーに従って移動してみると、そこには1人のアヒブと対面しているアタラクシアが。

20201228-11

おっ、アタラクシアが探していたというドスリアがいるじゃないか?

しかし、そこにいるのはギャンブラーのヘロンというアヒブと、
混乱のカチーヌ、エリアン教の司祭ドスリア、そしてアタラクシアです。

いったい、どういう状況かいまいち理解できていませんが、
どうやらドスリアを捕えているのは、ギャンブラーのヘロンのようです。

20201228-12

ヘロンは、ドスリアはすでに自分が「救った」と主張しています。
いったいどういうことでしょうか?

ドスリアが藍色の審判で受けた奴隷判定は、セペルのいばらの城行きだとのこと。
それをヘロンが横から搔っ攫ったようです。

20201228-13

オドラクシア行きなら命は助かるが、いばらの城に行けば死ぬだけだと。
なるほど、いばらの城行きになったところを掻っ攫ったので「救った」ということですね。

そして、ヘロンがドスリアを掻っ攫ってまでやりたかったこととは、
光明の神とやらを呼んで見せろということのようです。

「光明の神」とは、エリアン教の内部にいる光明の兄弟会が崇める腐敗の君主クザカのこと。
ですが、このドスリアは単なるエリアン教徒なので、崇める対象はクザカではなくエリアンです。

ヘロンは、エリアン教の司祭服を見て勘違いしているということですね。

20201228-14

・・・まぁ、対象がエリアンだったとしてもドスリアには呼べないでしょうがねw

アタラクシアに人違いだと言われて、やっとヘロンも勘違いに気付いたようです。
ドスリアも拘束されているのに呆れ気味。

危険を冒して奴隷を掻っ攫ったのに、何も収穫無しでヘロンはガッカリ。
しかも、バレたらそれ相応の処罰があるじゃないかと心配になってきた様子です。

20201228-15

っていうかですね。

結局、いばらの城に送り返すつもりならドスリアは全く救われてねぇじゃん・・・。
ドスリアはすでに自分が「救った」と言っていただろーによw

ちょっとここで、エリアン教会光明の兄弟会について解説を入れたいと思います。
この関係って分かりにくいと思うのですよね。

カルフェオンの禁書とクザカ復活」の時に作った図を再掲してみます。

20201228-16

影の騎士団も、秘密守護団も、光明の兄弟会も、すべて黎明騎士団から分かれた団体です。

ですが、最初の黎明騎士団の思想をそのまま持ち続けているのは秘密守護団のみ。
影の騎士団光明の兄弟会は裏で繋がり、クザカ復活を計画しています。

光明の兄弟会は、表向きではエリアン教に改宗して内部に入り込んでいます。
そして、今となってはエリアン教会の中枢を光明の兄弟会が占めていると考えて良いでしょう。

エリアン教の末端の信者は、エリアン教会が裏ではクザカ信仰していることを知りません。
ドスリアが「私が仕える神はエリアン様ですよ・・・」と言っているのはここに当たります。

闇の精霊も、ヘロンの勘違いを指摘します。

20201228-17

ヘロンは、堕落者を作り出した古代闇の主光明の神と言っていましたね。
ということは、古代の闇クザカということになるのでしょうか?


最高な策その1

ドスリアは解放されたい、アタラクシアはドスリアを助けたい、
そして、ヘロンは奴隷を掻っ攫ったという罪状から逃れたい。

そんな状況を見た闇の精霊が、最高な策を出してきました。

20201228-18

サイゴードの角を渡すことで、ドスリアを解放して送ってしまおう、
それならヘロンもアタラクシアも満足するはずだと。

さらに、ドスリアの足枷を受け取って奴隷管理人のルシオを脅迫してしまえ、ということですね。

どうしたんだ闇の精霊、すげーいいアイデアじゃないか!

さっそく、この策を実行しましょう。

20201228-19

すんなりと話は進みましたが、ヘロンがドスリアにかけていた脅迫
お前の神を呼ばないと目の前の女性(カチーヌ)と赤ん坊を殺すというのは演技だったようです。

カチーヌはヘロンの奴隷だそうで、ただ単にヘロンの言うことを聞いていただけでした。

それにしても、アヒブは子供には手を出さないというのは共通事項のようですね。
ボラ・アルキンも言っていましたね、アヒブは子供を奴隷にしないと。

アヒブは変なところでプライドがあるみたいですねぇ・・・。

ドスリアにサイゴードの角を渡すと、カチーヌからドスリアの足枷を受け取れました。

20201228-20

しかし、アイテム名は「ヴェルティの足枷」となっていますね。
「ヴェルティ」とはいったい何のことでしょうか?

ヘロンは、俺とアタラクシアに話がしたいと言います。

20201228-21

最も平和な場所の死の月警戒所に行こうと。

死の月警戒所という名称は平和っぽくない感じではありますが、
「アヒブ」とは「月の死」という意味合いの言葉ですので、アヒブ警戒所と言っているのと同じです。
そこまで物騒な名称ではありません。


最高な策その2

死の月警戒所に行く前に、奴隷管理人のルシオを訪ねます。
さぁ、ドスリアの足枷をネタに脅しをかけていきますよーw

20201228-22

さぁさぁ。オマエが管理しているはずの奴隷が逃げたぞ、どうする?

すると、分かりやすくオドオドしだすルシオ。

そして、ここでも闇の精霊が最高な策を出してきました。

20201228-23

ルシオはカリチャー商団の一員。
ならば、その親方のカリチャーにドスリアの足枷を見せて、ルシオの命の値段を聞こうと。

どうせならルシオじゃなくて、その親方を脅迫してしまえということですね。

まったく、悪知恵は得意だよな闇の精霊!(褒めている)

さっそく、この策を実行しましょう。

20201228-24

ルシオは、アヒブに知られるよりはカリチャーに知られた方がマシだと判断。
すぐにカリチャーへの手紙を書いてくれましたw

20201228-25

しかし、首都オドラクシアでは人間にもアヒブにも会話するためには、
ウィオレンティア・オウダー女王の祝福が必要だと言います。

なるほど、この深き夜の港で会話できないNPCがいたのもそのせいですね。

メインクエストを進めていくことで女王の祝福が得られるのか?
そこはまだ分かりませんが、まずはヘロンの待つ死の月警戒所へ行きましょうか。

次回に続きます。=w=ノシ




blackdesert_grandcru at 21:05│Comments(0)[BD]Chambertin | メインクエスト

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
カーマスリビアの翼の責任ナクシオンで知るオーディリタ