ナクシオンで知るオーディリタ堕落化と火の玉果

2021/01/04

いばらの森で偽書に気付く

いばらの森

前回「ナクシオンで知るオーディリタ」では、現在のオーディリタの状態を知ることができました。

ナクシオンでアタラクシアから盗み取ったブロリナの地図
そこに印されている場所へ行ってみることになりました。

20210104-01

どうやら、いばらの森へ入ってくことになるようです。
推奨攻撃力250の狩場ですね。

そして、いばらの森へ到着。

20210104-02

入り口の門らしき場所の両端にあったのは、オルゼカの藍色の炎だそうで、
コレが堕落者をここに閉じ込める結界の役割を果たしているようです。

闇の精霊は、ブロリナの地図を確認してみます。

20210104-03

「欲望の薄れた堕落者たちをいばらの森に隔離して、オルゼカの藍色の炎で入り口に結界を張った。」

堕落者」「オルゼカ」「藍色の炎」などというオーディリタ特有の言葉。
闇の精霊は、4年間の人質生活だったブロリナが本当に書いたものなのか、と疑います。

いやいや、それを言ったら「グランディーハで吊し上げ会議」のときに
影の怪物」「禁忌の戦場」なんて言葉も知っていたじゃないですか、ブロリナ・オーネット。

そもそも、人質生活なのにオーディリタの地図を完成させるとかおかしいし、
人質生活なのにカルフェオンのトロルとサウニールを扇動する仕込みをするのもおかしいでしょ。

俺はもう、いまさら驚きませんよ?

いばらの森にいる、欲望の薄れた堕落者たちをしばらく相手にした後、
闇の精霊は、ブロリナの地図を再確認していました。

20210104-04

どうやら、近くに別の印が書かれているようです。
そこは周囲の堕落者たちが近寄らない場所だそうですが・・・そこへ行ってみましょう。


いばらの監視者モメンヌア

堕落者が近寄らないという場所へ行ってみます。

20210104-05

すると、湧き水なのか小川なのかわかりませんが、周辺には水が流れていました。

そこに生息していたのは、めっちゃデカいゴリラw

20210104-06

なるほど、このゴリラがいるから堕落者たちも近寄らないのですね。(きっと違うw)

すると、藍色の守護石で結界が張られた洞窟がありました。
堕落者が近寄らない理由はゴリラではなく、この藍色の守護石の結界でしょうね。

そこにいたのは、いばらの監視者モメンヌア。
ウィオレンティア・オウダーの直属組織である、いばらの監視者のメンバーです。

20210104-07

モメンヌアから、衝撃の事実が聞かされました。

なんと、オペンシラから受け取ったカプラスの日誌偽書だという!

な・・・何だってーーーー!?

っていうかですね・・・。
堕落者から救出されたオーウェン」で、オーウェンはこのカプラスの日誌本物だって認定しましたよ?

アイツの目は節穴かーーー!

本物のカプラスの日誌のありかは、いばらの監視者でも分からないとのこと。

しかし、本物のカプラスの日誌はオペンシラがカーマスリビアから盗み出したものですが、
そのオペンシラも何者かにカプラスの日誌盗まれたとモメンヌアは言います。

オペンシラはそれに気づくと、怒り狂っていばらの森の堕落者八つ当たりしたとか。
そのせいで、せっかく欲望の薄れた堕落者が再び欲望まみれになったとのこと・・・。

おいオペンシラ、なにやっとんねん・・・。

あいつ、オドラクシアで爆破テロしたり、いばらの森で八つ当たりしたり、
行動がハチャメチャやないか・・・w

俺にカプラスの偽書を持たせたのは、セペルの計略だったといいます。

20210104-08

オペンシラ」で確認した、カプラスの日誌の最終章。
「霧の島・・・この世の影と運命を共にする英雄の殿堂。」

この偽書に従って、カラスの巣の不滅の奈落に入り込んでしまったら、
身体は英雄の殿堂剥製にされて、魂だけは影の騎士団によって生き返らされ、
禁忌の影の戦場で永遠に傀儡として戦い続けさせられるだろう、とのこと・・・。

影の戦場って、とんでもない禁忌の戦場ですね・・・。

カラスの巣の主」で見た通り、パトリジオの部屋の空席のところに、
俺の剥製が飾られてしまうということですね・・・。

・・・ってことはですよ。
やっぱり、パトリジオと影の騎士団セペルのアヒブは繋がりがあるってことじゃないか?

パトリジオは、やっぱりヤベェ奴だな!


全ては計画されていた

モメンヌアは、セペルがカーマスリビアの英雄生贄にすることを選んだと言います。

しかし、ハドゥム実体化するためにはカーマスリブの光が必要だと。
そのためにも、俺は生贄になるべきではないと言ってきました。

20210104-09

ブフラ・カヘリアク」でセペルのアヒブ、リゼア・エオから聞いた、
ハドゥム実体化しないと対抗できない、という部分は正しいのですね。

もはや、そこも疑ってしまっていましたが・・・そこは正しいということで理解しました。

それにしても、モメンヌアは俺がここへ来ることは最初から分かっていたという。
全ては最初から計画されていた?いったい誰に?

手にしているこの地図は・・・ブロリナ・オーネットが完成させたオーディリタの地図
まさか、俺の行動すらもブロリナの計画の内なのか!?

しかし、ウィオレンティア・オウダーの直属組織のいばらの監視者がブロリナに加担するものだろうか?
そう思うと、ウィオレンティアの計画の内なのか!?

うーむ、分からない・・・。


アタラクシアにも知らせねば

セペルのアヒブ、とりわけオペンシラには一杯食わされていましたね。
あんのクソ野郎・・・!

影の戦場でハドゥムに対抗する影の英雄を作るというのは、こういうことだったというわけですね。

20210104-10

闇の精霊は、アタラクシアにも教えてやろうと言います。
オマエも一緒に死ぬ危険があったんだぞ、と。


いばらの森の侵入者

闇の精霊が、外の騒がしさに気付きました。
おや、俺の他にもいばらの森への侵入者がいたのでしょうか?

20210104-11

アタラクシアへカプラスの偽書のことを伝える前に、外の様子を見にいってみましょう。

次回に続きます。=w=ノシ




blackdesert_grandcru at 11:03│Comments(0)[BD]Chambertin | メインクエスト

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ナクシオンで知るオーディリタ堕落化と火の玉果