いばらの書庫で結ぶ墓の誓約オドラクシアとウィオレンティア女王

2021/01/23

アタラクシアの救援者

無念の墓守デヌーラ

前回「いばらの書庫で結ぶ墓の誓約」では、オドラ神聖ポーションを獲得するために、
いばらの書庫にいる3人のいばらの監視者墓の誓約を結びました。

墓の誓約の内容は、いばらの書庫の知識を共有する代わりに、
いばらの監視者に協力してハドゥムに対抗し戦うべし、というものでした。

いばらの監視者墓の誓約を結んだことにより、
苦悩が眠る墓の墓守からオドラ神聖ポーションを受け取ることができるようなりました。

20210120-01

いばらの書庫をさらに奥へ進むと、いばらの監獄という場所に着きました。
そこにいたのは、無念の墓守デヌーラ。

アタラクシアがデレた」でリムバが言っていた、オーディリタで唯一のゴブリンですね。

奪われた女神の知識を苦悩が眠る墓に返した人物の1人だそうですが、
デヌーラの知識を確認すると、ウィオレンティア・オウダーとサシで話ができる程の人物のようです。

ゴブリンって、割と人間にアゴで使われがちな種族ですが、
たまーに、こういう凄い地位を確立しているスーパーゴブリンがいますよね。

エフェリアのフィラベルト・パラーシとか、シャカトゥ領域のシャカトゥとか。
アプアール?あいつは死んどけw

デヌーラを訪ねると、すでに話は通っていたようでオドラ神聖ポーションを渡してくれました。

20210120-02

このオドラ神聖ポーションがあれば、身体の一部がになってしまうとはいえ、
堕落化を食い止めることができるようです。

やったなアタラクシア、これで助かるぞ!


汚染された火の玉果ふたたび

無念の墓守デヌーラは、火の玉果を見せて欲しいと言ってきました。
アタラクシアの火の玉果とペアで作成された、俺の火の玉果ですね。

火の玉果をデヌーラに手渡してみると、浄化したはずの火の玉果再び汚染されているという・・・。

20210120-03

「純粋な魂は、もっと早く堕落するもの・・・。」
「ようやく手に入れた神聖ポーションが役に立たなくなったな・・・。」

なん・・・だと・・・!

手元には、もはや浄化しきれないほどに汚染された火の玉果が。

20210120-04

アタラクシアの魂が純粋すぎるがゆえに、予想よりも早く堕落化が進行してしまったようです。

デヌーラは、早く行ってあげなさいと言います。

「君の手で最後を守って欲しい・・・。」
「私は墓地を作っているから・・・。」

クエストマーカーは断罪する祭壇のアタラクシアを指しています。

20210120-05

うあーーーマジかー・・・。


アタラクシアの救援者

完全に堕落してしまったアタラクシアが太刀を構えていました。
もはや、会話など通じない状態のようです。

20210120-06

次の瞬間、堕落したアタラクシアが襲い掛かってきました。

うむ、そうだな・・・仕方ない・・・。

20210120-07

任せろ、俺がキッチリと

20210120-08

オマエに止めを刺して救援者になってやるぜ!

俺の手元には、ばらばらになったベディアントが残りました。

20210120-09

・・・・・。


ダークナイトの堕落が珍しい?

アタラクシアの堕落を観察していたアヒブ兵士たちがいました。
堕落者がそこにいるというのに退治するわけでもなく、ただ観察していたようです。

20210120-10

どうやら、ダークナイトが堕落するのを見るのは珍しいようですが・・・。

いったい、どういうことだ?
アタラクシアはダークナイトは次々に堕落者になったと言っていた。

しかも、堕落者の罠にかけたのはいばらの監視者だと言っていた。

それなのに、アヒブ達はダークナイトが堕落するのを見たことが無い?



ヴェルティ幻影術師サラナル

アヒブ兵士はヴェルティ幻影術師サラナルに会って、どういうことか聞けと言います。
どういうことなのか、サラナル池へ向かってみましょう。

20210120-11

ウィオレンティア・オウダー直属、トゥラシル司祭団のヴェルティ幻影術師サラナル。
ウィオレンティア女王にかなり近い存在と言えそうです。

20210120-12

サラナルは、ダークナイトが堕落者になったのは驚くべき事件だと言います。
どういうことでしょうか。


お互いを疑っていたアヒブとダークナイト

サラナルいわく、いばらの監視者たちはアヒブ堕落者にさせていたのはダークナイトではないかと考えていたとのこと。
しかし、そのダークナイト自身が堕落したことで、その考えを改めざるを得ない様子。

20210120-13

アタラクシアがデレた」では、アタラクシアはいばらの監視者堕落者の罠を仕掛けられたと言っていました。
しかし、いばらの監視者ダークナイト堕落者の罠を仕掛けていると考えていた。

これはつまり・・・堕落化を巡ってアヒブダークナイトはお互いを疑っていたということでしょうか。

この事件を重要だと見たのでしょうか、
ウィオレンティア・オウダーが、ついに俺を首都オドラクシアへ招待するとのこと。

20210120-14

ついに首都オドラクシアへの道が開けた!?

しかしそれは、皮肉にもアタラクシアの堕落化の犠牲あってのことでした。

ウィオレンティア・オウダー女王は、果たしてどういう姿勢で待ち受けているのでしょうか。
友好的なのか、敵対的なのか・・・?

次回に続きます。=w=ノシ




blackdesert_grandcru at 23:37│Comments(0)[BD]Chambertin | メインクエスト

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
いばらの書庫で結ぶ墓の誓約オドラクシアとウィオレンティア女王