バレンシア城の地下空間バルタラ修練お手伝い

2017/12/07

ヨロイを纏った闇の精霊

古代シリーズ

闇の精霊にここから逃げようって言われてコルコ石室を出て、
やってきたのはアクマンという地域。

20171212-1

どうやら、闇の精霊は自分の正体を忘れている?ようです。

で、古代シリーズに行って来いと言われてきましたので、巡ってきます。
まずはいつも見慣れた古代のクツム

20171212-2

それにしても、ぐてーっとしてて元気のないクツムですね。
いつも赤い砂の石室で暴れているあの姿は何処へいったのやら。

続いて、古代のプトルム

20171212-3

プトルムは岩崖の上で、こちらを見下ろすようにしていました。

最後は古代のアトル

20171212-4

アトルは巨人のようです。
縦長のスクリーンショットを求めるあたり、ブロガー泣かせですねw

ということで、古代シリーズの心臓から力を吸収してきた闇の精霊

20171212-5

闇の精霊が石室に導いてくれるって?
だって闇の精霊、あんだけ怯えてたじゃないか。


ヨロイを纏った闇の精霊

そして、ふと闇の精霊を見てみると、

20171212-6

石のヨロイを纏った!?
しかも手足が生えてるw

そして、闇の精霊の態度が急変

20171212-7

オマエ、あんだけ怯えきって石室から逃げようと言っていたじゃないか。
急になんなんだよいったいw


キベリウス槍

そして、こんなものを貰いました。

20171212-8

古代人エダナが使用していた槍だそうです。
どうやらこれが、コルコ石室の秘密の鍵になる様子。


石室から石室へ

再びバレンシア城地下のコルコ石室へ来ました。
そして、新たに得た知識を見てみると、

20171212-9

どうやら、闇の精霊のあの姿は古代人の姿だったようです。
へー、へー、へー。

ということで、目の前の箱(?)を開けることに。

20171212-10

は? 古代の石室? 何を言ってるのかね君は。
ここはバレンシアですよ?

と思っていたのですが・・・

20171212-11

↓ ↓ ↓ ↓

20171212-12

なんと、何がどうなっているのやら、
冒険を始めた頃に訪れた、バレノス地方の古代の石室に!!

あの時に見たエダンとオーウェンが向こうに見えます。
しかし、あの時とは全く違う視点で!

ここは正直、心震えました。

あんなに遠くまで来たと思っていたバレンシア。
しかし、もしかして。
全てのルーツはこんなに近くにあったのか・・・!?


明かされる秘密

古代の石室の真の中心部には、古代人エダナの守護者がいました。

20171212-13

バレンシア王国、古代人エダナ、闇の精霊、そして俺自身のことについて、語られていきます。

ここは是非、みなさんもバレンシアのメインクエを進めて、
エダナの守護者から話を聞いてみてください。

そして、バレンシアのメインクエその1クリア。
報酬に貰ったリングは、防御型のものを選びました。

20171212-14

攻撃型のリングは影の証とか育てていますので、
防御が突然欲しくなった時のために持っておこうと思います。

バレンシアのメインクエはいろいろ驚きの連続で、個人的には楽しめました。
そのうち、バレンシアIIのメインクエも進めようと思います。

ではでは。 =w=ノシ

バレンシアIのメインクエスト関連記事はこちら。

バレンシアIIのメインクエスト関連記事はこちら。


blackdesert_grandcru at 21:57│Comments(0)[BD]Chambertin | メインクエスト

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
バレンシア城の地下空間バルタラ修練お手伝い