パデュス族とアーチェル警備隊森の誓いI

2018/05/27

パデュス族の伝説

灰色の森

前回、パデュス族とアーチェル警備隊灰色の森に執着するパデュスの説得が難航
このままでは埒が明かないということで、
パデュス達の言っていることが本当か、灰色の森に行くことになりました。

20180530-01

辺りは白い灰で満たされていて、恐ろしく視界が悪いですね・・・。

灰色の森を探索してはみたものの、パデュス達の言う亡霊はいません。
やっぱりこの白い灰がパデュス達を狂わせているのか?

20180530-02

というわけで、亡霊なんかいなかったよと報告しに行きますが・・・。

20180530-03

まるで聞く耳もたず。
白い灰は、パデュスだけに亡霊を見せる集団幻覚みたいな作用をしているのでしょうか?


苦行つながり

カリドさんのトコに戻って、説得に失敗したと報告します。

20180530-04

報告を受けたカリドさんは、少しの間、悩みましたが、
真の苦行者に聞いてみろと話をしてきました。

ふと横を見ると、

20180530-05

そして苦行者から苦行者を紹介される・・・なんだこれ?
やっぱりパデュス族はドMしかいないのか?w

もはや俺の中では、パデュス族ドM で決まりました。

苦行者のアニカさんの元へ向かいます。

20180530-06

アーチェル警備警戒所の脇を抜けていくと、岩山の上にアニカさんがいました。
アニカさんは、パデュス達が狂った経緯について話してくれます。

20180530-07

星雲って・・・誤訳かな?

そう思っていろいろ知識を見ていると、「カーマスリビアの黒い星」で解説がありました。
どうやら星雲ではなくて、隕石ですね。

20180530-08

カブア山っていうところは、どこなのか知識が無いですが、
恐らく、エフェリアから南西、灰色の森から北東の未実装地域の山だと思われます。

カブア山に落ちた黒い隕石によって、灰色の森が形成された。
そして灰色の森の白い灰によって、パデュスは苦しめられた、ということですね。

ところが、パデュスにとってその苦しみは違った意味を持つようになったようで、
苦行者のアニカさんはこう説明します。

20180530-09


白い戦士、カブア山

「白い戦士」とはいったい何なのでしょう。

と、ここで気になるのは「カブア山」「カブア」というキーワード。

バレノスの古代の石室の中にエダナの伝承が書かれた石碑があるのですが、
その内容を見ると、「カブア族」という記述があったことを思い出しました。

20180530-10

カブア山カブア族、何か関係があるのでしょうか?

ひょっとしたら、「カブア族」は古代のパデュス族で、
「白い戦士」とはエダナのことだったりしたら・・・面白いですね。


パデュス族に永遠の安らぎを

とまぁ、俺の妄想はさておき。

ついに、誰もが認める真の苦行者アニカさんも匙を投げ始めました。

20180530-11

パデュス族に永遠の安らぎを与えてこいと。

んじゃ、行ってきまーす。

20180530-12

終わりましたw
パデュス族はカーマスリビアの中では倒しやすい相手ですね。

そんなこんなで、パデュス族の置かれている状況をルシエル・モネトさんに報告です。

20180530-13

灰色の森と白い戦士の物語が、パデュス達がリングウッドの森を離れない理由でした。
これらを報告したところ、何やら納得がいったようです。

どうやら、ルシエル・モネトさんにはフォレストロナロスとパデュスの問題解決のアテがある様子。
俺には訳がわかりませんけどw

ともかく、フォレストロナロスのネリンードに報告しに行く必要がありそうです。
というわけで、続きはまた次回。

ではでは。 =w=ノシ




blackdesert_grandcru at 15:01│Comments(0)[BD]Chambertin | メインクエスト

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
パデュス族とアーチェル警備隊森の誓いI