メインクエスト

2021/01/23

アタラクシアの救援者

無念の墓守デヌーラ

前回「いばらの書庫で結ぶ墓の誓約」では、オドラ神聖ポーションを獲得するために、
いばらの書庫にいる3人のいばらの監視者墓の誓約を結びました。

墓の誓約の内容は、いばらの書庫の知識を共有する代わりに、
いばらの監視者に協力してハドゥムに対抗し戦うべし、というものでした。

いばらの監視者墓の誓約を結んだことにより、
苦悩が眠る墓の墓守からオドラ神聖ポーションを受け取ることができるようなりました。

20210120-01

いばらの書庫をさらに奥へ進むと、いばらの監獄という場所に着きました。
そこにいたのは、無念の墓守デヌーラ。

アタラクシアがデレた」でリムバが言っていた、オーディリタで唯一のゴブリンですね。

奪われた女神の知識を苦悩が眠る墓に返した人物の1人だそうですが、
デヌーラの知識を確認すると、ウィオレンティア・オウダーとサシで話ができる程の人物のようです。

ゴブリンって、割と人間にアゴで使われがちな種族ですが、
たまーに、こういう凄い地位を確立しているスーパーゴブリンがいますよね。

エフェリアのフィラベルト・パラーシとか、シャカトゥ領域のシャカトゥとか。
アプアール?あいつは死んどけw

デヌーラを訪ねると、すでに話は通っていたようでオドラ神聖ポーションを渡してくれました。

20210120-02

このオドラ神聖ポーションがあれば、身体の一部がになってしまうとはいえ、
堕落化を食い止めることができるようです。

やったなアタラクシア、これで助かるぞ!


汚染された火の玉果ふたたび

無念の墓守デヌーラは、火の玉果を見せて欲しいと言ってきました。
アタラクシアの火の玉果とペアで作成された、俺の火の玉果ですね。

火の玉果をデヌーラに手渡してみると、浄化したはずの火の玉果再び汚染されているという・・・。

20210120-03

「純粋な魂は、もっと早く堕落するもの・・・。」
「ようやく手に入れた神聖ポーションが役に立たなくなったな・・・。」

なん・・・だと・・・!

手元には、もはや浄化しきれないほどに汚染された火の玉果が。

20210120-04

アタラクシアの魂が純粋すぎるがゆえに、予想よりも早く堕落化が進行してしまったようです。

デヌーラは、早く行ってあげなさいと言います。

「君の手で最後を守って欲しい・・・。」
「私は墓地を作っているから・・・。」

クエストマーカーは断罪する祭壇のアタラクシアを指しています。

20210120-05

うあーーーマジかー・・・。


アタラクシアの救援者

完全に堕落してしまったアタラクシアが太刀を構えていました。
もはや、会話など通じない状態のようです。

20210120-06

次の瞬間、堕落したアタラクシアが襲い掛かってきました。

うむ、そうだな・・・仕方ない・・・。

20210120-07

任せろ、俺がキッチリと

20210120-08

オマエに止めを刺して救援者になってやるぜ!

俺の手元には、ばらばらになったベディアントが残りました。

20210120-09

・・・・・。


ダークナイトの堕落が珍しい?

アタラクシアの堕落を観察していたアヒブ兵士たちがいました。
堕落者がそこにいるというのに退治するわけでもなく、ただ観察していたようです。

20210120-10

どうやら、ダークナイトが堕落するのを見るのは珍しいようですが・・・。

いったい、どういうことだ?
アタラクシアはダークナイトは次々に堕落者になったと言っていた。

しかも、堕落者の罠にかけたのはいばらの監視者だと言っていた。

それなのに、アヒブ達はダークナイトが堕落するのを見たことが無い?



ヴェルティ幻影術師サラナル

アヒブ兵士はヴェルティ幻影術師サラナルに会って、どういうことか聞けと言います。
どういうことなのか、サラナル池へ向かってみましょう。

20210120-11

ウィオレンティア・オウダー直属、トゥラシル司祭団のヴェルティ幻影術師サラナル。
ウィオレンティア女王にかなり近い存在と言えそうです。

20210120-12

サラナルは、ダークナイトが堕落者になったのは驚くべき事件だと言います。
どういうことでしょうか。


お互いを疑っていたアヒブとダークナイト

サラナルいわく、いばらの監視者たちはアヒブ堕落者にさせていたのはダークナイトではないかと考えていたとのこと。
しかし、そのダークナイト自身が堕落したことで、その考えを改めざるを得ない様子。

20210120-13

アタラクシアがデレた」では、アタラクシアはいばらの監視者堕落者の罠を仕掛けられたと言っていました。
しかし、いばらの監視者ダークナイト堕落者の罠を仕掛けていると考えていた。

これはつまり・・・堕落化を巡ってアヒブダークナイトはお互いを疑っていたということでしょうか。

この事件を重要だと見たのでしょうか、
ウィオレンティア・オウダーが、ついに俺を首都オドラクシアへ招待するとのこと。

20210120-14

ついに首都オドラクシアへの道が開けた!?

しかしそれは、皮肉にもアタラクシアの堕落化の犠牲あってのことでした。

ウィオレンティア・オウダー女王は、果たしてどういう姿勢で待ち受けているのでしょうか。
友好的なのか、敵対的なのか・・・?

次回に続きます。=w=ノシ




blackdesert_grandcru at 23:37|PermalinkComments(0)

2021/01/21

いばらの書庫で結ぶ墓の誓約

断罪する祭壇

前回「アタラクシアがデレた」では、堕落しかかっていたアタラクシアを火の玉果で復活させました。

しかし、火の玉果では時間を稼ぐことしかできず、
治療のためにはオドラ神聖ポーションが必要になってきます。

オドラ神聖ポーションを手に入れるためには、苦悩が眠る墓に行かねばならないということで、
その入り口である断罪する祭壇へ向かいます。

20210114-01

断罪する祭壇では、多数の人間奴隷やドワーフ奴隷が列になって並んでいます。
どうやら、オドラクシアへ送られる奴隷たちを選別している様子。

その判定をしているのが、入り口に立っている名前をなくした断罪者。

20210114-02

つまり、オーディリタへ連れて来られた奴隷たちは、

1. 深き夜の港で藍色の審判によって、いばらの城行きかオドラクシア行きか判定される
2. オドラクシア行きの奴隷は、断罪する祭壇オドラクシア行きか苦悩が眠る墓行きか判定される

という、2段階の判定があるようですね。


断罪者の審判

苦悩が眠る墓へ入る条件は3つあると断罪者は言います。

20210114-03

1. ウィオレンティア・オウダーの許可を受けた者
2. 古代語を解析できる野蛮人、ドワーフ族の者
3. 盗まれた女神の知識を返しに来た者

このうち3番目の条件を狙って、オペンシラから受け取ったカプラスの日誌の偽書を差し出してみます。

すると、いとも簡単に条件をクリア!

20210114-04

霧の島に建つ英雄の殿堂は、盗まれた知識から咲いた花だと言う。

まさに、「アタラクシアがデレた」で闇の精霊が言っていた通りになりました。
おい闇の精霊、オマエすげぇな・・・w

断罪者に目的は何だと問われ、オドラ神聖ポーションだと答えたところ、
どうやら、ウィオレンティア・オウダー側という判定を貰えたようでひと安心。

20210114-05

いやー・・・セペル側だと判定されたままだと困っちゃうので、ありがたいですねw

供え物=カプラスの日誌の偽書苦悩が眠る墓にいる野蛮人に見せて解析させて、
オドラ神聖ポーションは、墓守から受け取れと言われました。

さぁ、苦悩が眠る墓へ入ってみましょう。


いばらの書庫

苦悩が眠る墓へ入って行くと、そこにはいばらの書庫と呼ばれる凄い空間が!

20210114-06

うわー、すげぇ。山の中にこんな空間が存在するなんて・・・。

断罪者が言っていた野蛮人に、カプラスの日誌の偽書を渡してみます。

20210114-07

オドラ神聖ポーションを手に入れるためには、
3人のいばらの監視者と『墓の誓約』を結ぶ必要があるようです。


黒い瞳との墓の誓約

3人のいばらの監視者のうちの1人、黒い瞳

20210114-08

黒い瞳は、堕落者たちを利用してハドゥムに対抗しようとしているようです。

いばらの書庫内にある、エルビア・ル・カヘリアクと言われるものを見に行くことになりますが、
なにこれ・・・うわぁ・・・。

20210114-09

カドリー廃墟にある、カドリー召喚石に木が纏わりついたようなものが、
ドッコン、ドッコン、と激しく鼓動しています・・・。

これ・・・絶対にヤバい物体ですよねw

エルビア・ル・カヘリアクとは、ハドゥムの世界を再現した標本だそうです。
光一筋入る隙も無い、完全な影の世界・・・。

エルビア・ル・カヘリアクの知識を共有したことで、黒い瞳との墓の誓約が成立したようです。

20210114-10

墓の誓約が成立し、いばらの書庫の知識を閲覧可能になり、その代わりに
いばらの監視者に協力して、迫りくる闇ハドゥムに対抗しなければならないとのこと。

そして、『燃やす月の影』という苦悩が眠る墓での名前を貰えました。


赤い毒蜘蛛との墓の誓約

3人のいばらの監視者のうちの2人目、赤い毒蜘蛛

20210114-11

赤い毒蜘蛛は、女神の知識を取り戻してハドゥムに対抗しようとしているようです。

野蛮人が壊して行ったという世界の宝の知識を確認するため、不完全ないばらの書を見に行きます。
そこに書かれていたのは、数々のスーパーレアアイテムに関する記述。

20210114-12

太陽と月のオーラが満ち、永遠に乾かない精霊水とは、
いわゆる無限POT、オーネットの精霊水オウダーの精霊水のことですね。

世界の全ての霧を歩き空間を回す羅針盤とは、
ラフィー・レッドマウンテンの改良型羅針盤のことですね。

自由な風の旋律に乗って思いっきり水の流れをかき分ける歌とは、
エベンルスのノウルのことですね。

これらがすべて、古代王国オルゼカの遺産なのか・・・。

しかし、肝心の作り方が記載されていたと思われる部分が破損しています。
これが失われた女神の知識ということですね。

世界の宝の知識を共有したことで、赤い毒蜘蛛との墓の誓約が成立したようです。

20210114-13

ここでも、いばらの監視者に協力して、迫りくる闇ハドゥムに対抗しなければならないとのことでした。

そして、『いばらの影』という苦悩が眠る墓での名前を貰えました。


青いカマキリとの墓の誓約

3人のいばらの監視者のうちの3人目、青いカマキリ

20210114-14

青いカマキリは、古代王国オルゼカの記録からハドゥムへの対抗策を探ろうとしているようです。

「オルジェカ古代王国」と噛んでしまっているのはご愛嬌w

では、その禁書に書かれた古代の闇に関する知識を見に行ってみましょう。

20210114-15

望みの神とは、願いを叶える神とも言われている腐敗の君主クザカのことですね。
クザカはオルゼカの神木クトゥランから産まれたのですねぇ。

望みの神、願いを叶える神、クザカ
クザカは、あらゆる人々の願いを叶えまくってしまったために矛盾だらけになってしまいます。

「お金持ちになりたい!」「あの人と結婚したい!」「アイツを殺して!」
そんな願いを聞きまくっていれば、あかんことになってしまうのは明らかですよね。

その結果、クザカは腐敗の君主と呼ばれ、古代王国オルゼカは呪われて滅亡します。

クザカが残した古代の闇がオーディリタの土壌に染み込んで堕落者を増やすと、
オルゼカの末裔たちは、クザカの前に信仰していたいばらの女神を思い出したという。

おいおい、都合良すぎだよなオルゼカ民・・・。

クザカが願いを何でも叶えてくれるからって、忘れ去ってしまったいばらの女神
いざ自分が困ったら、またいばらの女神に縋るって・・・許してもらえるのでしょうかね?

古代の闇に関する知識を共有したことで、青いカマキリとの墓の誓約が成立したようです。

20210114-16

やはり、いばらの監視者に協力して、迫りくる闇ハドゥムに対抗しなければならないとのことでした。

そして、『監視者の影』という苦悩が眠る墓での名前を貰えました。

黒い瞳赤い毒蜘蛛青いカマキリ墓の誓約を結び、彼のところに戻って来ました。

20210114-17

「よくも・・・ラフィー・レッドマウンテン・・・。」と言っていますね。
ラフィーは、もしかしてここから知識を奪ったドワーフでしょうか?

野蛮人と言われている彼からは、最初に知識を戻しに来た墓守を訪ねるように言われました。
いよいよ墓守から、オドラ神聖ポーションを受け取ることができるのでしょうか。


完全ないばらの書

闇の精霊は、ここの知識はすげぇと興奮しています。
ホントですよね、オーネットオウダーの精霊水、改良型羅針盤エベンルスのノウル・・・!

20210114-18

闇の精霊は、完全ないばらの書も読んでみようぜと言ってきました。

ほほう、そんなものがあったのですね。
行ってみましょう。

完全ないばらの書に書かれていたのは、古代王国オルゼカの末裔たちの記録。

20210114-19

「・・・古代王国オルゼカの末裔、ベルモルンがこの地をヘッセ王国と名付けた・・・。」

闇の君主ベルモルンは古代王国オルゼカの末裔だった!

しかも、ヘッセ王国という国を建国しているようですね。
これはヘッセ聖域のあたりになるのでしょうか・・・?

・・・っていうか、ベルモルンってもと人間だったのか!

それにしても、世界中のいろいろなもののルーツがこの苦悩が眠る墓にあったとは・・・。

古代王国オルゼカ・・・。
とんでもない文明をもった王国だったようですね。

次回に続きます。=w=ノシ




blackdesert_grandcru at 19:16|PermalinkComments(0)

2021/01/16

アタラクシアがデレた

アタラクシアがいない

前回「堕落化と火の玉果」では、アタラクシアを救うため火の玉果を手に入れました。
急いでアタラクシアが倒れていた場所へ戻りましょう。

20210110-01

おーい、アタラクシア。
火の玉果を手に入れてきたぞー・・・って。

20210110-02

うおぃ、アタラクシアどこ行っとんのじゃーw

せっかく、オマエのために火の玉果を手に入れてきたというのに!


苦悩が眠る墓のいばらの女神像へ

リムバによると、堕落者は必ず苦悩が眠る墓いばらの女神像へ行くという。
アタラクシアを追って苦悩が眠る墓へ移動します。

20210110-03

苦悩が眠る墓って、推奨攻撃力310の狩場だが・・・大丈夫なのか?

クエストマーカーに従って苦悩が眠る墓へ向かうと、

20210110-04

いばらの女神像の目の前でぶっ倒れているアタラクシアが。
そんな有様で、よくここまで来れたな・・・。

周りに危険そうなモンスターはいないようです。良かったw


火の玉果は堕落化を遅らせるだけ

アタラクシアに火の玉果を与えると、あの不気味だった赤の魔力が消えました。

20210110-05

これは、火の玉果が効いたのか・・・?

堕落化する者は、無意識に黒いいばらの女神像の前に来るとペネルナは言います。

20210110-06

黒いいばらの女神像の前に来たら最後、堕落化が完成するという認識だったようですが、
火の玉果が時間を稼いでくれたようだとのこと。

しかし、残念ながら火の玉果堕落化進行を遅らせるだけだとペネルナは言います。
堕落化を止めることはできない、と。

20210110-07

オーディリタでは堕落化を食い止めるための研究がされていたはず。
最近オドラクシアを脱出したリムバなら、何か知っているのではないか。


オドラ神聖ポーション

リムバも完全な治療剤は聞いたことが無いが、オドラ神聖ポーションというものがあると言います。

20210110-08

オドラ神聖ポーションを使えば、堕落を防げる代わりに身体の一部がに変化する副作用があるという。

ナクシオンで知るオーディリタ」でオドラ派遣司祭リゼンティが言っていたアレのことですね。
オドラ神聖ポーション、それに賭けるしかない・・・!


苦悩が眠る墓へ入る方法

オドラ神聖ポーションを手に入れるためには、苦悩が眠る墓へ入らねばならない。

しかし、苦悩が眠る墓に入ることが許されるのは、
ウィオレンティア・オウダー女王に許可を受けた者、または古代語を解読できるドワーフ奴隷だけだという。

20210110-09

リムバは、たった1人のゴブリンのみがアヒブに認められ苦悩が眠る墓へ入ったと言います。

アヒブ達が言う「野蛮人に分けた知識を再び返してもらわなければならない。」

どうやらそのゴブリンは、苦悩が眠る墓から持ち出された知識をアヒブに返したようです。
ならば、同じようなことをすれば苦悩が眠る墓に入れるのでは?

そこで、闇の精霊が何かを思いついたようです。

20210110-10

闇の精霊は、オペンシラから受け取ったカプラスの日誌の偽書が使えるんじゃないかと言います。
ええ・・・?ソレが役に立つの!?

セペルは、苦悩が眠る墓から禁忌の戦場という知識を盗み出した。
禁忌の戦場知識をもとに、影の騎士団(シャドウナイト)禁忌の戦場を実現化した。

ならば、一歩進んだ知識と言えるのではないかということのようです。

・・・よくそんなことを思いついたな、闇の精霊よw
どういう思考回路してるんだ・・・?

この考えで苦悩が眠る墓へ入ることができるか、ペネルナに聞いてみると、

20210110-11

「この地図・・・終わりには・・・英雄の・・・殿堂・・・これは新しい知識・・・!」

ええ・・・そこ!?

ソレって、俺を罠に嵌めようとしたオペンシラの完全なデタラメじゃないのw

いや、「いばらの森で偽書に気付く」で、いばらの監視者モメンヌアが言っていたことも考えれば完全なデタラメでもないのか・・・?

いろいろと意外でしたが、なんかマジでカプラスの日誌の偽書が役に立ちそうな雰囲気です。


アタラクシア復活

振り返ると、アタラクシアが復活していました。

20210110-12

どうやらアタラクシアは、自分が堕落することを知っていたようです。

そのため、いばらの森には絶対に入らないようにしてたようですが・・・
俺がブロリナの地図を盗んでいばらの森に入ってしまったから、追いかけてきてしまったようで。

あれ・・・アタラクシアが堕落しかかってたのって俺のせい?w


本物のカプラスの日誌の在り処

そんなことより、アタラクシア。
オペンシラから受け取ったカプラスの日誌な、アレは偽物だったんだぞ。

危うく2人まとめてカラスの巣英雄の殿堂死ぬ羽目になるところだったんだぞ。
と言ったところ・・・

20210110-13

「悪いけど、騙されたのはきみのほうだよ!」
「本物のカプラスの日誌はずっと私が持っていたんだ!」

・・・・・

オマエが本物を持ってたんかい!w

なんだよそれーーーーw
ずっと騙してたのかよぅ・・・。


堕落の罠にかけるいばらの監視者

アタラクシアは、自分が堕落の罠にかかってしまったため、
カプラスの日誌を追い続けられる引継ぎ者を探していたという。

20210110-14

そんなアタラクシアを含め、ダークナイトを堕落者の罠にかけたのはいばらの監視者だとのこと。

いばらの森で偽書に気付く」で、カプラスの日誌偽書だと教えてくれたモメンヌアが属している組織ですね。
いばらの監視者はいいヤツらだと思っていたが、違うのか?

いばらの森をうろついていた、黒いケープの男を追跡していたところ、
堕落者の罠にかかってしまったというが・・・。

20210110-15

そもそも、ウィオレンティア・オウダー直属組織のいばらの監視者に男なんているのか?
何かがおかしくないだろうか・・・。

俺としては、そんな疑問を抱いてしまうのですが・・・
アヒブはそもそも信用できないというダークナイト陣営です。

20210110-16

ジョシュア・オウダーの意思を継いでハドゥムと対抗しているとういう話も、
をもってを浄化するという話も、全く信用ならんというアタラクシア。

ナクシオンで知るオーディリタ」で紹介した、オーディリタの勢力図にある通り、
アヒブとダークナイトの対立構造がここに見て取れますね。


褒めているのか批判しているのか

をもってを浄化するという話に疑問を持っていたアタラクシア。
そんな中、カーマスリブの光を取り戻した英雄のことを聞き、探していたそうで。

20210110-17

しかし、そのカーマスリビアの英雄たる俺は影の騎士団にそそのかされたり、
カプラスの日誌の偽書を信じて死にかけたり・・・。

いやー、すみませんねぇw

そこでアタラクシアは、自分も影の試験を通過した者だと言って気を引くことにしたとのこと。
それも嘘だったんかい!w

20210110-18

俺は強い、機知がある、盗みが上手い、勘がいい、運がいい、冷酷さもある。
・・・と、褒めているのか批判しているのか。

しかし、俺はどんな状況でも生き残れる、と評価してくれました。

よく赤戦で死にまくっていますけれどね・・・w


アタラクシアがデレた

アタラクシアは、苦悩が眠る墓オドラ神聖ポーションを取りに行くという、
先ほどのリムバとの会話を聞いていたようで、

20210110-19

「まさか私のために・・・?へへ、私のためだよね?!」

・・・急にデレた!w

『しくしく』と『もふもふ』は、アタラクシアが連れているディネと柴犬のことですね。
確かに、堕落者になっちゃったら困るよね。

オマエにあげたバヒトラムの火の玉果なんだけどな、
アレを浄化し続けるためにはイニックスに祈り続けないといけないんだよなー・・・。

と言うと、バヒトラムらの話を毎日聞くなんて・・・お疲れ様と言われましたw

20210110-20

救援者の仕事をちゃんとしてくれれば、ダークナイトの隠れ家に連れていってくれるそうです。

うーん・・・すっげーめんどくさいんだけどな、救援者の仕事・・・。

20210110-21

「そして今度は本物のカプラスの日誌を追って冒険に出よう、一緒に!!!」

次回に続きます。=w=ノシ




blackdesert_grandcru at 00:59|PermalinkComments(0)

2021/01/09

堕落化と火の玉果

赤黒い時間

前回「いばらの森で偽書に気付く」では、カプラスの日誌偽書であることが判明。
セペルのアヒブ、特にオペンシラは、俺を謀って影の戦場生贄にしようとしていました。

おのれ、許すまじオペンシラ。そしてセペル。

そんな中、闇の精霊は外が騒がしいと言います。

20210106-01

いばらの森の騒がしい場所へ行ってみましょう。

そこにいくと・・・あれ、何してんのアタラクシア?

20210106-02

何やら、アタラクシアがぶっ倒れて苦しんでいます。

20210106-03

アタラクシアの身体に纏わりついている不気味な赤の魔力

モンジュール・アイネルがオルゼカの光明石に放っていたものと同じ性質の魔力のようです。

その側にいたペネルナによると、アタラクシアは古代の闇の中毒にかかり堕落しかかっているという。

20210106-04

このペネルナは、元アヒブのバヒトラムだそうです。

バヒトラムとは、「ガーディアン覚醒クエスト」でも出てきた神聖な炎イニックスに仕える修行者たちのことですね。
古代王国オルゼカの末裔とも言っていましたので、オーディリタにバヒトラム達がいるのは納得ができます。


汚染された火の玉果

バヒトラムは、かつてクザカを信奉した末に欲望にまみれて滅んだ古代王国オルゼカの末裔。
その欲望の化身とも言えるクザカを滅するために遣わされた、神聖な炎イニックスに仕える民です。

そしてダークナイトは、カーマスリブの守護のために燃やす者という持って生まれた欲望を捨てたベディルです。

お互い欲望を断ち切ってきた者同士、ダークナイトはバヒトラムと同じだとペネルナは言います。

ペネルナは、そんなダークナイトのアタラクシアを助けるつもりだとのこと。

20210106-05

そのためには、堕落化の進行を遅らせる火の玉果というものが必要だそうです。

火の玉果を作り出すには、黒い苔石殻ガニの千年果が必要だそうで、
いばらの森の黒い苔石殻ガニから千年果を手に入れて、指定の場所へ行ってみます。

20210106-06

黒い苔石殻ガニの千年果に、ベディルだった頃の月の力いばらの書の魔力を引き出して加えることで火の玉果を作り出したペネルナ。

しかし、いばらの森で作った火の玉果は汚染されてしまっているという。
浄化するためには、バヒトラムの指導者アサナの力が必要とのことでした。

アサナは、「ガーディアン覚醒クエスト」でずっとガーディアンについてきたバヒトラムですね。
やっぱり、あのおっちゃんは只者じゃなかった。

そして、ここから4分のタイムアタックが始まります。

20210106-07

ペネルナから汚染された火の玉果を受け取って、4分以内にアサナまで届けろとのこと。

その場所は、いばらの森から山をぐるっと迂回して反対側にある様子です。

20210106-08

ドゥームの3連瞬なら4分のタイムアタックなんて造作もありません!

20210106-09

区分の山という場所を通過しつつ、バヒットの聖所を目指します。

区分の山とは、険しい山がカーマスリビアといばらの森、そしてバヒットの聖所を隔てていることからついた地名だそうですね。


浄化された火の玉果x2

バヒットの聖所にいるアサナに汚染された火の玉果を手渡します。

すると、アサナはこの汚染された火の玉果がペネルナの手によるものだと看破。
一刻を争う事態であろうと一瞬で悟ったアサナは、さっそく浄化の儀式を始めると言います。

20210106-10

「私は、今からいばらの森の汚染を消して、浄化された火の玉果2個作る。」

んん・・・?
浄化された火の玉果2個も作るのですか・・・いったい何のために?

まぁ、よく分かりませんが、言われた通りイニックスの聖壇でバヒトラムと共に儀式を行います。

20210106-11

堕落者には救援者が必要だということでした。
堕落者はアタラクシア、そして救援者はどうやら俺のことらしい・・・。

イニックスの聖壇から再びアサナのところへ戻り報告します。
なんか堕落者救援者って感じで、イニックスに祈る儀式をやってきましたよー。

20210106-12

すると、アサナから浄化された火の玉果2個を受け取ることができました。
これでアタラクシアの堕落化の進行を止めることができる!

この2つの火の玉果を持つ者同士は、お互いの状態を把握できるといいます。
つまり、相手がんだら分かると。

玉果が再び汚染されたら、堕落の時間が流れるという意味なので、その人の最後をよく見守るように。」

・・・・・。

ちょっと待ってくれよ、え、これ・・・。

もしかして、『救援者』とは・・・堕落者の最期を救ってやること?
つまり看取るまでが救援者の仕事・・・?

うえー・・・めんどくせぇ・・・。

手元には、自分の火の玉果アタラクシアの火の玉果がありました。

20210106-13

どうしよう、コレ。
もはや、究極にめんどくさいアイテムにしか見えなくなってきたよ・・・。

アタラクシアが死ぬまでバッグの中に置いておかなきゃいけねーの?

えーと・・・ダークナイトって、女神シルビアから産まれた事実上無限の寿命のベディル族だよね。
下手すると、俺の方が先に寿命で死ぬんですが・・・w

ホントに俺が救援者でいいのか?

・・・というのはさておき。
この火の玉果でアタラクシアの堕落化を食い止めることができるはず。

とりあえず、アタラクシアを救おう。
あんなに苦しんでいたんだ、可哀そうだったじゃないか。

待ってろ、アタラクシア。
俺が堕落化から救ってやるからな!

次回に続きます。=w=ノシ




blackdesert_grandcru at 09:26|PermalinkComments(0)

2021/01/04

いばらの森で偽書に気付く

いばらの森

前回「ナクシオンで知るオーディリタ」では、現在のオーディリタの状態を知ることができました。

ナクシオンでアタラクシアから盗み取ったブロリナの地図
そこに印されている場所へ行ってみることになりました。

20210104-01

どうやら、いばらの森へ入ってくことになるようです。
推奨攻撃力250の狩場ですね。

そして、いばらの森へ到着。

20210104-02

入り口の門らしき場所の両端にあったのは、オルゼカの藍色の炎だそうで、
コレが堕落者をここに閉じ込める結界の役割を果たしているようです。

闇の精霊は、ブロリナの地図を確認してみます。

20210104-03

「欲望の薄れた堕落者たちをいばらの森に隔離して、オルゼカの藍色の炎で入り口に結界を張った。」

堕落者」「オルゼカ」「藍色の炎」などというオーディリタ特有の言葉。
闇の精霊は、4年間の人質生活だったブロリナが本当に書いたものなのか、と疑います。

いやいや、それを言ったら「グランディーハで吊し上げ会議」のときに
影の怪物」「禁忌の戦場」なんて言葉も知っていたじゃないですか、ブロリナ・オーネット。

そもそも、人質生活なのにオーディリタの地図を完成させるとかおかしいし、
人質生活なのにカルフェオンのトロルとサウニールを扇動する仕込みをするのもおかしいでしょ。

俺はもう、いまさら驚きませんよ?

いばらの森にいる、欲望の薄れた堕落者たちをしばらく相手にした後、
闇の精霊は、ブロリナの地図を再確認していました。

20210104-04

どうやら、近くに別の印が書かれているようです。
そこは周囲の堕落者たちが近寄らない場所だそうですが・・・そこへ行ってみましょう。


いばらの監視者モメンヌア

堕落者が近寄らないという場所へ行ってみます。

20210104-05

すると、湧き水なのか小川なのかわかりませんが、周辺には水が流れていました。

そこに生息していたのは、めっちゃデカいゴリラw

20210104-06

なるほど、このゴリラがいるから堕落者たちも近寄らないのですね。(きっと違うw)

すると、藍色の守護石で結界が張られた洞窟がありました。
堕落者が近寄らない理由はゴリラではなく、この藍色の守護石の結界でしょうね。

そこにいたのは、いばらの監視者モメンヌア。
ウィオレンティア・オウダーの直属組織である、いばらの監視者のメンバーです。

20210104-07

モメンヌアから、衝撃の事実が聞かされました。

なんと、オペンシラから受け取ったカプラスの日誌偽書だという!

な・・・何だってーーーー!?

っていうかですね・・・。
堕落者から救出されたオーウェン」で、オーウェンはこのカプラスの日誌本物だって認定しましたよ?

アイツの目は節穴かーーー!

本物のカプラスの日誌のありかは、いばらの監視者でも分からないとのこと。

しかし、本物のカプラスの日誌はオペンシラがカーマスリビアから盗み出したものですが、
そのオペンシラも何者かにカプラスの日誌盗まれたとモメンヌアは言います。

オペンシラはそれに気づくと、怒り狂っていばらの森の堕落者八つ当たりしたとか。
そのせいで、せっかく欲望の薄れた堕落者が再び欲望まみれになったとのこと・・・。

おいオペンシラ、なにやっとんねん・・・。

あいつ、オドラクシアで爆破テロしたり、いばらの森で八つ当たりしたり、
行動がハチャメチャやないか・・・w

俺にカプラスの偽書を持たせたのは、セペルの計略だったといいます。

20210104-08

オペンシラ」で確認した、カプラスの日誌の最終章。
「霧の島・・・この世の影と運命を共にする英雄の殿堂。」

この偽書に従って、カラスの巣の不滅の奈落に入り込んでしまったら、
身体は英雄の殿堂剥製にされて、魂だけは影の騎士団によって生き返らされ、
禁忌の影の戦場で永遠に傀儡として戦い続けさせられるだろう、とのこと・・・。

影の戦場って、とんでもない禁忌の戦場ですね・・・。

カラスの巣の主」で見た通り、パトリジオの部屋の空席のところに、
俺の剥製が飾られてしまうということですね・・・。

・・・ってことはですよ。
やっぱり、パトリジオと影の騎士団セペルのアヒブは繋がりがあるってことじゃないか?

パトリジオは、やっぱりヤベェ奴だな!


全ては計画されていた

モメンヌアは、セペルがカーマスリビアの英雄生贄にすることを選んだと言います。

しかし、ハドゥム実体化するためにはカーマスリブの光が必要だと。
そのためにも、俺は生贄になるべきではないと言ってきました。

20210104-09

ブフラ・カヘリアク」でセペルのアヒブ、リゼア・エオから聞いた、
ハドゥム実体化しないと対抗できない、という部分は正しいのですね。

もはや、そこも疑ってしまっていましたが・・・そこは正しいということで理解しました。

それにしても、モメンヌアは俺がここへ来ることは最初から分かっていたという。
全ては最初から計画されていた?いったい誰に?

手にしているこの地図は・・・ブロリナ・オーネットが完成させたオーディリタの地図
まさか、俺の行動すらもブロリナの計画の内なのか!?

しかし、ウィオレンティア・オウダーの直属組織のいばらの監視者がブロリナに加担するものだろうか?
そう思うと、ウィオレンティアの計画の内なのか!?

うーむ、分からない・・・。


アタラクシアにも知らせねば

セペルのアヒブ、とりわけオペンシラには一杯食わされていましたね。
あんのクソ野郎・・・!

影の戦場でハドゥムに対抗する影の英雄を作るというのは、こういうことだったというわけですね。

20210104-10

闇の精霊は、アタラクシアにも教えてやろうと言います。
オマエも一緒に死ぬ危険があったんだぞ、と。


いばらの森の侵入者

闇の精霊が、外の騒がしさに気付きました。
おや、俺の他にもいばらの森への侵入者がいたのでしょうか?

20210104-11

アタラクシアへカプラスの偽書のことを伝える前に、外の様子を見にいってみましょう。

次回に続きます。=w=ノシ




blackdesert_grandcru at 11:03|PermalinkComments(0)